倒壊の仕組み ブロック塀の仕組み 塀の基準と強度 ブロックの種類 塀の安全診断 塀の診断カルテ 塀の修復方法

ブロック塀のしくみ

@ 地盤は、塀全体を支え、基礎から一体となった塀の転倒に抵抗する役目を果たします。
A 基礎は鉄筋コンクリートで堅固に造り、塀全体と一体となり転倒しないように、40cm
以上地中に根入れします。また高いよう壁や石積みの上に設けられている塀は、基礎に
粘りがなく非常に危険です
B たて筋は、塀に作用する横力に抵抗する重要なものです。基礎から壁頂まで一本の
鉄筋を曲げることなく配置します。
A 基礎に確実に定着する
B 壁頂部の横筋にカギ掛けする
C 横筋は壁体の長さ方向を強固に一体化するもので、控え壁がある場合は、特に重要
な役目をします。通常は80cm以下の間隔で配置します
D 笠木は、塀全体へ雨水等が浸入するのを防ぎ、ブロック及び鉄筋を保護します。
E 控え壁は、塀の転倒に対する抵抗力を増すために、長さ3.4m以内毎に設けます
控え壁にも鉄筋を配置し塀本体と強固に一体化します
また強固な基礎も設け反対側への転倒に対する抵抗力を確保します
F 透かしブロックの多用は、壁体の強度を低下させます
連続した配置はたて筋の適正な配置を困難にします
G 充填モルタルは、鉄筋とブロックを一体化させるもので、強固な壁体を造るとともに
鉄筋を保護する役目を果たします