エクステリアの無料見積と設計や造園工事とガーデニングやエクステリア施工例。外構工事の専門会社なのでエクステリアの計画は納得価格で設計・工事。デザインと積算、見積、施工を管理。東京都世田谷区、神奈川、埼玉
|Enjoy Gardening| サイトマップ タイプ別エクステリア:オープン外構、クローズ外構施工例
外構図面での設計例 LINK
  エリア 製品色々 正しい施工法 モルタル調合 ブロック寸法 メンテナンス 危険な塀の自己診断 地震に強い工事 植木と花
メンテナンス

 一般的に、コンクリートブロック製品は他の建材に比べると
著しく耐久性に富んだ建材です。
そのため施行後のメンテナンスは、ほとんど必要といたしません。
近年コンクリートブロックの需要動向は、景観性に優れた
化粧コンクリートブロックに移ってきました。
色合い・肌合いなどの化粧コンクリートブロックの特徴を、いつまでも損なわず
使用して頂く為には、化粧コンクリートブロックでもメンテナンスが必要となります

1.白華(エフロレッセンス)現象
主に水に溶解したセメントのアルカリ成分が
大気中の二酸化炭素などと結合してブロックや
レンガの表面に白く現れる現象です。
 「エフロ」とも呼ばれ、セメント硬化体中に
含まれている原因となる成分が、水溶液と
して表面に運ばれ、そこで水分だけが蒸発する
ことにより 析出した白色物質です
エフロが発生する事で、硬化体の物性が
低下することはありませんが 外観が損なわれる
ことから問題視されます
ブロック製造初期に多く発生し、気温が低かったり
水の影響により発生しやすくなります。

予防や発生後の処理はアート美建
メールでお尋ねください。


2.汚れ
 年数を経たコンクリートブロックの表面は

降雨、降雪など気象条件により
細骨材が
露出してきます
出面は、脆弱・多孔質化
しているため凹凸を生じ吸水率も大きくなり
ふん粉塵・カビ菌が付着するため汚れや
黒ずみを生じます。

特に湿度の高い時期の風通しの悪い場所や
常に日陰の部分にはカビ、藻が多く発生します。
3.中性化(炭酸化と同意語)
 コンクリート中の水酸カルシウムが、
空気中の炭酸ガスと反応し炭酸カルシウムに
変化する事をいいます。

このことにより、アルカリ性であったものが
中性に近づくめ中性化と呼ばれています。 
中性化が進むと、コンクリート中の補強鉄筋が
錆を生じコンクリート表面にひび割れを発生
させる事があります

中性化により、塀や構造物の耐久性を損ないます。
4.凍害
 コンクリートの凍害は2つのケースがあります
@コンクリートの硬化初期において、凍害又は
1回〜数回の凍結愉融解の繰返しで強度低下や
破損を起こす現象「初期凍害」といいます

A十分に硬化したコンクリートが、長年月の
凍結融解の繰返し作用により劣化することを
「凍害」と区別しています
 コンクリートブロックの凍害は後者に属す)
ブロック空洞部に水がたまり凍結すると
ブロックの膨張破裂やひび割れの発生が起きます。
早めに水抜き修繕が必要です。




ひび割れ
セメント製品は乾燥や気温の変化により膨張、収縮をおこします。
普通のコンクリートで収縮率は1mに対して0.5mmから0.8mm程度といわれています。
温度の変化による収縮もあります。このような条件下で乾燥と温度変化の繰り返しがひび割れを
発生させます。
ひび割れが発生してしまったら、放置すると、水が内部に浸入して鉄筋の錆びを促進して
ブロック塀や構造物の破損、倒壊の危険が増すので、早めにひび割れ専用のコーキング剤等で
処理を行ってください。
 アート美建ならメンテナンスも安心して頼めます


●屋外で使用されるコンクリートブロックは、降雨・降雪等の気象条件で内部
に水が侵入します。この水分は白華の生成、凍害、汚れ、更に補強鉄筋に
錆などを誘発しひび割れを発生させるなど、コンクリートブロックの外観や
耐久性を損なわせるもとになります。
したがってコンクリートブロック内部へ水が浸透するのを阻止すること。
防水対策を講じることが大切です。防水効果を得るには、長期間に
わたって効果を持続する「シラン系浸透型防水剤」を塗布すると有効です



お問合せと見積は無料
 株式会社 アート美建
お気軽にお電話でお問合せください
東京都世田谷区世田谷2-29-17 TEL   03-3426-9331(代表)
FAX  03-3426-9343
本ホームページの記載内容についての無断転載を禁じます     Copyright(c)  Art Biken Co.,Ltd. AllRights Reserved