Copyright(c)
Artbiken Co.,Ltd.
AllRights Reserved

手入れ方法を学ぼう!


栄耀豊富な良い土を使うと管理も楽です。
人間同様、植物も表面に出ているところだけではなく、土の中にも
気を使ってやる事がとても大切なのです。
自分のスタイルにあった植物を選び、楽しく気軽に楽しみましょう。
施肥
植物を育てるときには欠かせないものになってきますが、やりすぎは禁物です。
また限られたスペースであまり大きく育てる必要がないので、生活環境や
もちろん植物によっても肥料の使用は変わってきます。
植え替え
ってきた苗を植え替えるときに、植え付ける苗の根鉢を少しくずしす。
指で根鉢の底をほぐす。また指でほぐせない場合は
はさみで切り込みを入れるなどして、ほぐしてやるのがようでしょう。
また値があまり回っていないものだと、大きな鉢に植えかえても育ちが悪い。


植え替える時期
移植を嫌うもの、季節を選ぶものなど様々ですので、
まず育てる植物の特性を良く知ることが大切です。
また寄せ植えなどの植え替えをするときは、種類によって
上へ伸びるもの、下へ伸びるもの、横へ広がるものなど育ち方も
考えて、植えることが大切です。
病害虫
発生後、即対応しましょう。毎日の水やりで花がらを摘み取ることも忘れずに!
発見するポイントとして、葉の裏面などをよく見て、植物にあった対処法をしましょう。
水やり
葉や花に水を与えてあげるのではなく、根元にたっぷり与えてあげるのが
良い水やりです。また
水やりは水やりの日を決めるのではなく、土の表面が乾いたら
たっぷりとあげるのがポイントです。逆に水をやりすぎて、土の中がずっと
湿った状態になり、根が呼吸できなくなり、根腐れを起こしてしまいます。
剪定
庭木などは何もせず、植えたままの状態だと茂りすぎてしまう。
見た目が悪いだけではなく、風通しが悪くなり、生育が悪くなるばかりか
病害虫の被害を受けてしまうことも考えられます。

針葉樹類は様々な樹形があるのも特徴・魅力ですが、そのほとんどが
自然に樹形が整うように品質改良されているので、特に剪定の
必要性はありませんが、はやり風通しをよくしてあげる事が大切です。
また剪定をする場合は金属のハサミではなくセラミックの
ハサミを使用することを覚えておきましょう。
金属のハサミを使う事により、切り口が茶色くなったりしまうので
気をつけましょう。