Copyright(c)
Artbiken Co.,Ltd.
AllRights Reserved

コンテナガーデン

玄関回り、バルコニー、お庭とどんな場所でも楽しめるコンテナガーデニング
丸い形のコンテナ、角形のコンテナなどをうまく使いこなしてご自分で演出して、四季折々の花、
木を楽しみましょう。寄せ植えは色々な植栽を、狭い場所でも気軽に楽しめ小さな鉢などを使用して、
花の香いっぱいの生き生きとしたコンテナガーデンがをつくりましょう。
マンションなどのベランダで
気軽にコンテナガーデンを
楽しみましょう。
お庭の花木とは別に
玄関周りにコンテナを使って
お客様をお出迎え



小スペースの中に自分なりのアレンジコンテナガーデン!

色を統一したり、対照的な色合い、何かひとつの植物を強調した寄せ植えやヨーロピアン風、アジアン風
季節を重視した寄せ植え、香りを楽しめる植栽など小さな空間でも気軽にアレンジが楽しめます。
またコンテナにこだわり、植栽と調和を楽しみ、自分の個性を作る事もコンテナガーデンの良い所です。

かわいい陶器鉢を使うと
花も更に生き生きとして
目を楽しませてくれます。


コンテナ簡単ポイント

丸形コンテナ 眺める方向も自由。これが丸形の特徴です。中心に大きな少し高さの
ある花木やコニファーなどを使うと初めての方でも簡単に楽しめます。
特にたる形コンテナはボリュームいっぱいに飾るのがポイント。
角形コンテナ 丸形と違い奥行きがないので基本的に植物を左右にシンメトリーに
したり後ろを高く、前を低い植物を植えるとレイアウトがよい


◆ 何か目立たせたかったら、対照的なものの組み合わせを。 色・形・質感など反対なものを選ぶと変化に
  富んだものに。
◆ レイアウトが難しい??と思ったら中心になるもの(少し高めの花木・コニファーなど)を使う
  次に左右に広がるもの左右の空間を埋める。 さらに下に垂れ下がるものを植えるとはじめての形でも
   バランスの良いコンテナガーデンを楽しめます。
◆ コンテナは適度に間隔をあけ、風を通しやすくしましょう。
  コンテナを床の上に置く時は、レンガなどを敷きコンテナと床との間に空間をつくることで、
  水がたまるのを防ぎ、空気の通りをよくして、湿気を防ぎます。 


寄せ植えポイント
鉢で育てるポイントとして、根がうまく育っていくかがとても大切です。長く楽しむ為には土壌、場所、などに
注意点をおく事と、花がら、枯れはなどを摘み取ることなど元気な花・木を育てましょう。